↓↓↓, 最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。, サライ最新号 1月号, 新製品体験会や専門家によるセミナーなどのイベント、プレゼント企画にご参加・ご応募いただけます。, サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』の公式サイトです。歳を重ねてもアクティブに行動したい知的な高齢者シニア世代=サライ世代の方々に向けたライフスタイル提案と旅・食・人物・歴史・文化・趣味・健康・モノ情報など上質な情報を発信しています。, 1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『. 今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。, 【今日のことば】 森鴎外・夏目漱石が借りて住んでいた住宅です 建設年代 明治20年(1887)頃 明治時代における「中流住宅」だそうですが 女中部屋がある事が今の間取りとは大きく異なります トイレは1階に2つもありますし 「中流」の感覚の違いに少々驚きました 「痩せ我慢の説」VS「行蔵は我に存す。毀誉は他人の主張」メディアを主宰するジャーナリスト髙田渓流斎の公式サイトです。日々の逍遥録 Pardon! 森鴎外と夏目漱石. 森鴎外と夏目漱石は、共に明治の大作家でライバル心もあったようですが、穏やかな関係を築いていました。 互いの存在を認め合い、自分の作品を贈り合う仲でしたが、顔を合わせた回数は少なかったそうです。 夏目漱石の『硝子戸の中』を漱石の内面的な自伝とするならば、森鴎外の『妄想』は鴎外の内面的自伝と言えるかも知れない。 自伝というのが大げさなら、彼らの内面の一部… 25: 2018/08/09(木) 10:59:22.320 ID:9o8zhncar >>22 それは作品そのものとは … 森鴎外も「舞姫」、「ヰタ・セクスアリス」など読んで文章は良いと思ったが、漱石が素晴らしい。 〜「今、日経新聞の小説が、伊集院静による漱石(「ミチクサ先生」)で、ちょうど正岡子規と出会った頃の話」との私の返しに〜 どちらが上か下かではなく まず作風が全く違うので 比べようも比較の仕様がない 「奥さんはこの家に来てから、博士の母君をあの人としか云わない」 夏目漱石 森鴎外. 1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。, ※「サライおみくじ」で今日の運勢をチェック!おみくじには「漱石と明治人のことば」からの選りすぐりの名言が表示されます。どの言葉が出てくるか、クリックしてお試しください。 夏目漱石が書いた小説の面白さが私にはあまり理解できません。三部作といわれる『三四郎』『それから』『門』を読んでみてそう思いました。100年たった今も多くの人に愛される名作の面白さを私も理解したいと思うので、どうかこれら3部 筆活動に専念するようになった。 森鴎外は、陸軍軍医として官僚の道に進み、そのまま陸軍 前回、「舞姫」の無理のあるラストは、豊太郎をなんとか帰らせるためではないかということを考察しました。 www.kokugo-manebi.tokyo そして、もうひとつ、「弱き心」というのは、実は優柔不断な決められない心のことではなく、いやしい女などに心を動かされることなのではないかと書きました。 事実、鴎外自身が、「もし意識不明にならず、もしエリスが狂女とならずにいたなら、豊太郎は残ったかもしれないし、あるい … 三大過大評価されてる文豪「夏目漱石」「森鴎外 ... 森鴎外は自分のメンツを守るために何万人もの兵士を脚気で した戦犯だしな . の名主塩原昇之助の家に里子に出されます。 しかし、養父の不倫が原因で塩原夫妻は離婚、 … こんにちは。タイトルを見て驚かれた方もいらっしゃると思いますが、私は森鴎外の舞姫を読んでいるとイラッとすることが多々あります。 舞姫という作品は大好きなのですが、豊太郎にイラッとします。そのイライラも楽しんでいるのですが ャ出身の小説家、小泉八雲も訪れたと言われている。 夏目漱石が「吾輩は猫である」というベストセラーを書いた旧居 「猫の家」は東京大学の赤門からも30分もかからないところに ありました。(日本医科大学の近く) ここは実を言うと森鴎外も住んだことがある家でした。 家そのものは現在明治村に移築され保存されています。 ¹ã¨æ´¥å’Œé‡Žã«ã‚ると言います。その2箇所のお墓の場所をご紹介すると共に、お墓が2つある謎についても解明します。さらに森鴎外と太宰治の意外な関係性についても解説しますので、ぜひ最後までご覧ください! 森鴎外と夏目漱石の留学経験の比較 ツイート この文献の参照には次のURLをご利用ください : https://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00039374 まで辞退した夏目漱石は後者だったのでしょう。文士ならそうこなくちゃ。 両人とも 必ず教科書に出てくる人物であり 知らない人はいないとおもふ . --森鴎外, 上に掲げたのは、森鴎外が小説『半日』の中に書いたことばである。鴎外はつづけて、こう綴っている。, 「博士が何故母さまと云わないかと云うと、この家に来たのは、あなたの妻になりに来たので、あの人の子になりに来たのではないと答えることになっている」, 物語の主人公は文学博士の高山峻蔵。この高山博士が妻と母親との不仲の間に立って思い悩むのだ。小説中には、次のような記述も読める。, 「こういう時博士の黙っているのが、奥さんには又不愉快でならぬ。奥さんが『何とか仰ゃいよ』と肉薄して来て、白く長い指が博士の手首に絡んで来るのは、こういう時である。そこで奥さんが決戦を挑んで、髪を切るの喉を突くのということもある。例の玉ちゃんを連れてどこかへ往くと言い出すこともある」, さらに、高山博士の母親は「息子の嫁はお嬢さん育ちで頼りがいがないから」と、決して財布を握らせず、嫁はその母を指して「丸であなたの女房気取り」と嫉妬まじりに罵るのだから、高山博士は板挟みにならざるを得ない。, 実はこれは、鴎外の家庭生活をほぼそのままに映し込んだものであった。鴎外の妻・しげ子と母・峰子は、どうもしっくりいかず、鴎外は心を煩わせていたのである。, 鴎外が18歳年下のしげ子と結婚したのは、満40歳を目前にした明治35年(1902)1月。ふたりはともに再婚の身であった。, 鴎外はドイツ留学から帰国後、恩人の薦めに従い海軍中将の娘と見合い結婚をした。ドイツから追いかけてきた恋人とも別れ、家の将来を担う長男として、立身出世にもつながる良縁を受け入れた形だった。, しげ子の方は一度、著名な銀行家の子息に縁づいた。ところが、相手が相当な遊び人でひと騒動持ち上がったことから、怒ったしげ子の父親がわずか20日ほどで娘を引き取った。それで、最初の結婚生活が幕引きとなっていた。, しげ子はなかなかの美貌で、面食いの鴎外を満足させた。軍人仲間にもおのろけを聞かせるほど、鴎外は新しい妻に愛情を抱いていた。その一方で、父亡きあと、自分たちを育て上げた働き者の賢婦たる母・峰子をないがしろにする訳にいかず、嫁姑の確執に心を痛めたのだ。, 漱石と並ぶ明治の文豪にして、軍医としても陸軍軍医総監というトップに上り詰めた鴎外に、こんな悩みがあったのを知ると、鴎外には気の毒だが、むしろ人間的な親しみの感情がわいてくるところもあるのではないだろうか。, 鴎外がこの小説を書いたのは、自己の鬱屈を吐き出すと同時に、作品の発表が家庭における妻の生活態度の反省と改善につながることを、ひそかに期待したためでもあったらしい。, 『半日』を書いた翌月、鴎外はさらに、その続篇とも言うべき『一夜』という小説を書いたといわれる。しげ子がこれを発見し、発表を差し控えてもらうよう懇願した。鴎外は原稿を破棄し、その交換条件として、しげ子が頑なな態度を幾分か和らげた。普段はお辞儀をしないしげ子が、峰子に頭を下げる場面もあったという。, 大正5年(1916)3月、峰子は死去した。鴎外はそれから6年後の大正11年(1922)7月、満60歳で逝った。しげ子は夫の死を看取ってのち10余年を黙々と生き、昭和11年(1936)4月、56歳で没した。生存中の彼女は、鴎外全集の中に小説『半日』が収められることを、とうとう最後まで許さなかったという。, 文/矢島裕紀彦 筆されたそうです。 夏目漱石といえばオノトを愛用していたことで有名ですが、 この家に住んでいた頃は万年筆ではなく付けペンを使っていた時代です。 ¥ã¨ã®æ´’脱な会話に隠れた那美の問いかけとは?泰安の首にかじりつき、狂気を演じる那美の真意を大徹和尚が語ります。芸術論が難しい6章には『草枕』の秘密が書かれていますよ。 Japonais seulement, 自民党総裁選は、「秋田県の貧農育ちで集団就職で上京した苦労人」、実は「父親は元満鉄エリート社員でカリスマ豪農。2人の姉は大卒の高校教師。本人は法大空手部副将出身の武闘派」という菅義偉官房長官(71)が昨日、総裁に選出されましたが、もうすでに8月31日に二階派、細田派、麻生派と主要派閥が雪崩を打って推薦したことで決まっていたようなものです。国家の最高権力者を選ぶというのに、投票できない国民は、黙って茶番劇を見ているしかありませんでした。いみじくも、14日付の朝日新聞社説は「苦労人?パンケーキ好き?だからなんだというんだろう。」と菅氏のことを思いっ切り批判していました。他の大新聞が「たたきあげの仕事人」とおべっかを使っているのとはえらい違いです。, それにしても、勝馬に乗って美味い汁を吸いたいという権力志向の人間の性(さが)を見せつけられました。裏でどれくらいの金銭が動いたのか、動かなかったのか、知る由もありませんが、それにしても得票数を見る限り「石破つぶし」は凄まじかったですね。もう石破総裁の目はないことでしょう。菅氏は16日の臨時国会で第99代首相に指名されます。, さて、今、竹内正浩著「『家系図』と『お屋敷』で読み解く歴代総理大臣 明治・大正篇」(実業之日本社)を読んでいますが、色んなエピソードが満載されています。特に、明治・大正時代の首相というのは、その地位と権力は今とはケタ違いで、愛妾を何人も囲い、広大な敷地の本宅と多くの別荘を持ち、その優雅さは現代人から見ると想像を絶します。, ただし、「諸行無常、奢れるものも久しからず」で、広大な本宅や別荘は本人の手元から離れ、今では学校になっていたり、財閥の会社寮になってたりしているのがほとんどですが…。でも、この本を読むと、これまで知らなかった意外な事実が出てきて、読みだすと止まらなくなります。, 例えば、自民党総裁選で話題になった東京・永田町の一等地にある「自由民主党本部」。ここは明治になって「文部大臣官邸」があった所だったんですね。初代文部相森有礼が住み、後に首相になる西園寺公望も文部相時代にこの官邸に住んでいました。, 西園寺公望は、いわゆる京都のお公家さんです。実家の徳大寺家から西園寺家の養子になりますが、その家柄の良さは歴代首相の中でも皇族の東久邇宮稔彦王は別格として五摂家筆頭の近衛秀麿に次ぎます。西園寺の末弟徳大寺隆麿が住友本家の婿養子となって住友吉左衛門友純(ともいと)になったため、住友財閥から援助を受けた西園寺は生涯お金に困ることはありませんでした。大正8年(1919年)、首席全権として出席したパリ講和会議には愛妾(西園寺は生涯、正式に結婚をしなかった)と大阪の高級料亭「灘萬」(東京「なだ万」)の料理長まで同行させていたといいます。, 西園寺公望は、京都から新首都東京に来てから、本所、築地、銀座などさまざまな所に住みますが、その中に内幸町があります。「『家系図』と『お屋敷』で読み解く歴代総理大臣」の著者竹内氏は、それは明治29年、内幸町1丁目(現在、東京都千代田区内幸町の2丁目)で島津久光邸の跡地だったと書いております。しかし、その後で、「ここは最初の東京府庁があった所」と書いてあったので、どうも矛盾します。, まず、島津薩摩藩の上屋敷があった所は現在の内幸町1丁目です(2丁目ではありません)。今は、みずほ銀行東京本部やNTT日比谷ビル(その隣に、あの「鹿鳴館」もありました)などがあります。, 現在の内幸町2丁目は、今は富国生命ビルやプレスセンタービルなどがある「日比谷シティ」です。確かに、ここは東京府庁がありました。ということは、著者は混同したようです。内幸町2丁目は、江戸時代は大和郡山藩の上屋敷があった所でした。明治になって東京府庁になり、1894年(明治27年)に東京府庁が有楽町の陸軍練兵場(今は国際フォーラム、江戸時代は土佐藩上屋敷)に移転した後、その跡地の詳細は分かりませんが、プレスセンタービルは戦前、満洲映画の東京支局でした。また、日比谷シティには昭和13年から昭和48年まで、渋谷に移転する前のNHKの東京放送会館があり、私もよく覚えています。, ところで、西園寺公望は首相在任中の明治40年6月17~19日に、東京・駿河台南甲賀町の本邸に文士を招いて宴を主宰しています。参加したのは、森鴎外、泉鏡花、大町桂月、幸田露伴、島崎藤村、田山花袋、国木田独歩(明治34年11月から翌年2月まで駿河邸内の長屋に寄宿していた)らです。その一方で、首相の招待を辞退した人もいました。それは、夏目漱石、坪内逍遥、二葉亭四迷です。漱石も二葉亭も、恐らく、権力に阿るようなことはしたくなかったのでしょう。, 人はいつの時代でも、勝馬に乗って甘い汁を吸いたいという権力志向の持ち主です。そんな中でも反骨精神を持って、権力からなるべく遠ざかる人もいるわけです。作家というより、勲一等陸軍軍医総監にまで昇り詰めた森鴎外は前者に近く、帝大の文学博士号まで辞退した夏目漱石は後者だったのでしょう。文士ならそうこなくちゃ。この史実を知って嬉しくなってしまいました。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). 三四郎(さんしろう):23歳の主人公。熊本から上京して東大生になり、美禰子に恋心を抱くようになる。 広田(ひろた):野々宮の師匠で、高校の英語の先生。 野々宮(ののみや):光の研究にいそしむ30歳の学者。三四郎と同じ熊本出身。 美禰子(みねこ):三四郎が憧れる女性。亡くなった兄の友人の野々宮と交際をしている。 与次郎(よじろう):三四郎の大学の友人。広田の家に下宿している。 原作担当の朝霧カフカ先生、作画担当の春河35先生による漫画「文豪ストレイドッグス(文スト)」。この記事ではそんな文豪ストレイドッグス(文スト)の夏目漱石の異能力「吾輩は猫である」について紹介していきます。「吾輩は猫である」は三毛猫になる異能なのでしょうか? 11月14日(木) ☔☀ 8→16℃ 少し寒くなる予報明治村一丁目第三弾は、文豪「森鴎外・夏目漱石が住んだ住宅」をお届けします。↓木造の住宅、よく保存して頂き… UT51-93-U263 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 000000265519 DOI 10.11501/3093020 公開範囲 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book 文/矢島裕紀彦 今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「奥さんはこの家に来てから、博士の母君をあの人としか云わない」 --森鴎外 2021年